2011年5月 のアーカイブ

被災ペット救済支援活動通信>vol.19

2011年5月30日 月曜日


 宮城県気仙沼市にある、被災ペット救済支援センター窓口店
 ペットショップ リトルピピ電話:0226-23-5565)を通じて、
 被災された皆さんへ支援物資をお届けしております。

   
                井上ハッピー

          
                 野口モコ

 みんな体は小さいけれど、震災を乗り越えた力強さはとても大きい。

 

 自宅が津波により流されてしまった、
 村上シルク。

 震災後しばらくは、ショックから餌を
 食べなくなってしまったというシルク。

 今は親戚のお家に避難して、
 ようやく食欲も戻ってきました。

 支援センターを通じて、皆さまから頂戴
 した支援物資、そして義援金で購入した
 物資を届けさせていただきました。



 




一時預かりボランティアにご登録をいただいている皆さま、ありがとうございます。
 山田様(東京都)、ご協力ありがとうございます。
 坂下様(東京都)、ご協力ありがとうございます。

 被災ペット救済義援金にご協力いただきまして、ありがとうございます。
 宮澤様(東京都)、ご支援ありがとうございます。
 堀井様(静岡県)、ご支援ありがとうございます。


 また、5/28(土) 平成23年度通常総会が開催されました。
 被災ペット救済支援活動に多大なるご支援ご協力を賜りました
 皆さまに感謝状の贈呈をいたしました。
   
 
    学校法人シモゾノ学園 理事長の下薗恵子さま

 
  国際ドッグビューティースクール 学長の桑原秀夫さま

 当日は、会場内に「被災ペット救済支援募金箱」を設置し、
 ご出席いただきました皆さまより¥114,852の募金を賜りました。

 皆さま、ご支援ご協力いただきまして、ありがとうございました。

被災ペット救済支援活動通信>vol.18

2011年5月20日 金曜日


福島県いわき市にある、被災ペット救済支援センター窓口店
B.B WANS (電話:0246-29-0100)を通じて、被災
された飼い主さまへ支援物資をお渡しいたしました。

  
      (いわき市久ノ浜で被災された山本さん)
タイアン武蔵野店様、植田様、中央ケネル事業協同組合様から
お寄せいただいた支援物資をお渡しさせていただきました。

久ノ浜沿岸部は津波と火災により壊滅的な被害を受け、ゴーストタウンの
ような状態だそうです。



犬4匹と猫1匹を飼っている山本さん。幸いワンちゃん達は元気ですが、
高齢の猫が震災によるストレスで老化が急速に進行し、足腰が立たなく
なってしまいました。歯も抜け落ちて、缶詰でしか食餌ができない状態に
なってしまったといいます。
B.B WANSさんを通じて、支援物資をお渡しさせていただきました。
(情報を下さいましたボランティアの廣瀬さん、ありがとうございます)


B.B WANSさんのあるいわき市は、原発から避難されてきた方も数多く
いらっしゃいます。双葉郡大熊町から避難された佐藤さんもその一人です。

「何も持たずに、とりあえず急いで避難してきた」という佐藤さん。

支援センターを通じて、支援物資であるキャリーバックをお届けしたところ
とても感謝されて、お礼のメッセージをお寄せ下さいました。

現在も避難生活を続ける佐藤さん。震災そして原発に負けることなく
一日も早くペットと一緒にご帰宅できることを心よりお祈り致します。

皆さまからお寄せいただいた義援金や支援物資が、被災地の皆さまに
きちんとお届けできるよう活動を行ってまいります。被災ペット救済支援
活動にご支援ご協力いただいております皆さまへ深く感謝申し上げます。

被災ペット救済支援活動通信>vol.17

2011年5月20日 金曜日

宮城県気仙沼市にある、被災ペット救済支援センター窓口店
ペットショップ リトルピピ電話:0226-23-5565)を通じて、
被災された皆さんへ支援物資をお届けしております。


避難所のアイドル、小原木 マイ君。


いつも仲良しの、小野寺 リボン&たんたん。
長引く避難生活で、ちょっぴり疲れちゃったね。
ご飯をいっぱい食べて、元気出そうね。

一方、同県石巻市にある被災ペット救済支援センター窓口店
犬のシャンプー屋さん KAI電話:0225-23-6165)

市街地が広範囲に渡って冠水し、お店も腰まで水に浸かって
しまったKAIさんでしたが、震災から約2カ月目となる5/10に
水没して使えなくなっていたボイラーを無事交換していただき、
シャンプーが出来るようになりました!


お店のお客様の新井さん(右端)と、ボランティアの皆さん。

ボランティア活動で沿岸方面に行かれていた新井さん。
沿岸部では多くの皆さんが車も流されてしまい、買い物にも
行けない状態が続いているそうです。フードやペットシーツも
不足しているとのことで、新井さんとボランティアの皆さんを
通じて支援物資をお届けしました。

皆さまからの温かいご支援ご協力に心より感謝申し上げます。
≫フード、ペットシーツ、猫砂などの物資が不足してお困りの方はご連絡ください。
≫近隣の避難所で物資が不足/充足しているなどの情報もお待ちしています。

【被災ペット救済支援センター:窓口一覧】

(宮城県仙台市)
nichidoドッグスクール / 電話:022-221-8292
■気仙沼市、本吉郡、南三陸町方面の方のご連絡も受付けております。

(宮城県宮城郡利府町)
Pet Station Humming ハミング / 電話:022-767-8309
■塩竈市、多賀城市、七ヶ浜方面の方のご連絡も受付けております。

(宮城県石巻市)
犬のシャンプー屋さん KAI / 電話:0225-23-6165

(岩手県宮古市)
わんわん専門 ハートフル / 電話:0193-64-6801
■釜石市方面の方のご連絡も受付けております。

(宮城県気仙沼市)
ペットショップ リトルピピ/ 電話:0226-23-5565

(福島県いわき市)
B.B WANS / 電話:0246-29-0100

被災ペット救済支援活動通信>vol.16

2011年5月18日 水曜日
被災ペット救済支援活動にご支援・ご協力いただきまして、ありがとうございます。

岩手県宮古市にある、被災ペット救済支援センター窓口店
「わんわん専門ハートフル」 電話:0193-64-6801 より、
嬉しいニュースが届きました。

震災直後から長期でお預かりしていたビーグルが、無事飼い主様のもとへ!
被災された飼い主様が、引取れる環境が整ったのでお迎えに来てくれました。


ハートフルでお預かりしている間、ずっといい子で飼い主さんを待っていました。

現在も、長期でお預かりしているワンちゃんたちがいるハートフル。
新たにプードルも加わりました。

( ワンちゃんが使用しているサークルは、支援物資でお寄せいただいたものです)

沿岸部では、まだ物資不足の地域もあるそうで、先週末に追加物資をお届けしました。物資の配布には、宮古市内の商店の皆さんにもご協力いただいています。遠くてすぐには行けない避難所方面などへは、近隣のボランティアさんの力を借りています。
(山田方面への配送をお手伝いしてくださるボランティアさん。ありがとうございます)

そんな宮古市ではついに「仮設住宅へのペット同居」署名活動が実を結びました。

被災ペット救済支援活動通信>vol.15

2011年5月16日 月曜日

 

埼玉の一時預かりボランティア、
廣瀬さん宅で生活している猫の「ミミ」

福島県いわき市にて避難生活を送っている
飼い主の大和田さんに宛てて、廣瀬さんが
ミミの近況を綴った「ミミちゃん通信」を定期的
にメールしてくださっています。

(「ミミちゃん」が「ミミタヌキちゃん」の愛称に
変わっていて、思わず笑ってしまいました。)
「最近お外に少し関心が出てきたみたい」
「もっぱら窓越し、ベランダから鳥を目で追ってますよ」と教えてくれたのが5/6のこと。

そしてついに昨日お外デビュー!裏の塀に登って興味津々のミミは、なかなかお家に
戻らず、中に入れたら『ウ~』と文句を言って抗議したそうです(笑)




廣瀬さんは週末、石巻市でお風呂屋さんの屋内清掃、泥出し・ドブ清掃の
ボランティアに参加されたそうです。ボランティア拠点となっている石巻専修大学
には、福岡や熊本などのナンバープレートをつけた車も見られたとのこと。
(ハワイの方もいたそうです)

そして活動の休憩中にはミミちゃんの話題になり、場が和んだそうです。
ここでも大人気ですね☆


(廣瀬さん、ミミちゃん情報をいつもありがとうございます!
そして石巻でのボランティア活動、本当にお疲れ様でした。)


 一時預かりボランティアにご登録をいただいている皆さま、ありがとうございます。
 渡部様(東京都)、ご協力ありがとうございます。

 被災ペット救済義援金にご協力いただきまして、ありがとうございます。
 松野様(北海道)、ご支援ありがとうございます。


≫フード、ペットシーツ、猫砂などの物資が不足してお困りの方はご連絡ください。
≫近隣の避難所で物資が不足/充足しているなどの情報もお待ちしています。

【被災ペット救済支援センター:窓口一覧(5/16現在)】

(宮城県仙台市)
nichidoドッグスクール / 電話:022-221-8292
■気仙沼市、本吉郡、南三陸町方面の方のご連絡も受付けております。

(宮城県宮城郡利府町)
Pet Station Humming ハミング / 電話:022-767-8309
■塩竈市、多賀城市、七ヶ浜方面の方のご連絡も受付けております。

(宮城県石巻市)
犬のシャンプー屋さん KAI / 電話:
0225-23-6165

(岩手県宮古市)
わんわん専門 ハートフル / 電話:0193-64-6801
■釜石市方面の方のご連絡も受付けております。

(宮城県気仙沼市)
ペットショップ リトルピピ/ 電話:0226-23-5565

(福島県いわき市)
B.B WANS / 電話:0246-29-0100

被災ペット救済支援活動通信>vol.14

2011年5月10日 火曜日


先日、南三陸町・本吉郡・気仙沼市方面を中心に支援物資の配送にご協力を
いただいているボランティアのOさんへ、追加のフード物資を届けに行きました。



津波被害の大きかった南三陸町。
近隣道路は瓦礫の撤去が進んでいますが、寸断された線路は手付かずの状態。
多くの家屋が津波に流され、ただただ、何も無い光景が広がります。



屋上部分まで水があがった建物。あの日、津波が襲う最後の瞬間まで防災無線で
避難を呼び掛け続けた女性職員の方が犠牲になりました。






翌日は宮城県を南下し、福島県へ。

福島県いわき市にある、被災ペット救済支援センター窓口店
B.B WANS」 / 電話:0246-29-0100

中央動物専門学校の坂本校長先生にご協力いただき、支援物資を届けに行きました。






いわき市沿岸部も、一部壊滅的な被害を受けました。津波で自宅が流されるなど、
被災された方々へB.B WANSさんを通じて物資をお届けしております。



まだまだ瓦礫の残る沿岸部一帯。
海水浴場の駐車場は、地面のコンクリートが無数に割れていました。



皆さまからお寄せいただきました支援物資ならびに、義援金により購入した物資は
各地の被災ペット救済支援センター窓口等を通じて、被災された飼い主さま、そして
ペットたちへお届けしております。

たくさんのご支援・ご協力を賜りまして、ありがとうございます!
引続きご支援いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。



 5/10 本日も、たくさんの支援物資が届きました。
 多田様、犬用おやつ・ガム、ペットシーツを頂戴しましてありがとうございます。
 (インターネットからご注文いただき、お送りいただいたものと思われます。
 もしよろしければ、多田様のご連絡先を教えていただけますと幸いです。)

 一時預かりボランティアへご協力を賜りまして、ありがとうございます。
 木暮様(千葉県)、ご協力ありがとうございます。
 喜舎場様(埼玉県)、ご協力ありがとうございます。
 井野様(東京都)、ご協力ありがとうございます。
 小林様(埼玉県)、ご協力ありがとうございます。

被災ペット救済支援活動通信>vol.13

2011年5月9日 月曜日


先日ご紹介した保護わんこ、「大ちゃん(仮)」



保護翌日に飼い主さんが分かって、南三陸町の「ジロー君」と判明。
その後、もりもりご飯を食べて飼い主さんとの再会を心待ちにしていました。


再会当日。
進む道は被災地独特の光景でした。両側に瓦礫の積まれた道路を進み、
応急的に処置された橋を渡ります。
高まる期待を胸に、ご連絡をいただいた飼い主さん(西城さん)のもとへ。

 
  


しかし・・・それは叶いませんでした。

保護した状況も送った写真も、それはまさしく「ジロー君」だと思われたのですが・・
対面したところ、西城さんが探していた「ジロー君」ではありませんでした。

・・・大ちゃん(仮)の飼い主さんは、今頃どこにいるのでしょうか。

・・・西城さんが探しているジロー君は、今頃どこにいるのでしょうか。





ジロー君との再会を楽しみにしていた西城さん。
とても優しく大らかな方で、何度も「ジローは元気か」とお電話をくれた西城さん。
探していたジロー君ではありませんでしたが、
「近所で散歩されているのを見かけたことがある。この犬もご近所の犬であることに
変わりはないから」と、大ちゃん(仮)を預かってくださることになりました。 

(西城さんのお宅でリラックスした表情の大ちゃん)

(ボランティアで、中央動物専門学校の坂本校長先生が駆けつけて下さいました)


再度、掲示板に大ちゃんを載せました。飼い主さんの情報をお待ちしております。
同じく、大ちゃんと似た特徴を持つ「ジロー君」の情報もお待ちしております。
 
 「東北地震犬猫レスキュー.com」
 http://tohoku-dogcat-rescue.com/

 「Animal Finder-google-」
 http://japan.animal-finder.appspot.com/

被災ペット救済支援活動通信>vol.12

2011年5月9日 月曜日

 
岩手県宮古市にある、被災ペット救済支援センター窓口店
「わんわん専門ハートフル」 電話:0193-64-6801
5月3日、宮古市内やお隣の山田町の避難所へ支援物資をお届けしました。

全日本動物専門教育協会にお寄せいただいた皆さまからの支援物資に加えて、
宮古保健所に集められている支援物資も積んで、いざ出発!



岩手は沿岸部と内陸部とで完全に別れている地形。沿岸部に位置する山田町は、
津波の被害が大きかった地域で、町のほぼ全域が被災しました。



徐々に瓦礫は取り除かれていますが、住まいの確保などはまだまだ先になりそうです。



無事に到着! 山田町の山田高校にある避難所へお届けしました。



 
 一時預かりボランティアへご協力を賜りまして、ありがとうございます。
 加藤様(東京都)、ご協力ありがとうございます。
 天野様(山梨県)、ご協力ありがとうございます。
 浜崎様(東京都)、ご協力ありがとうございます。
 

被災ペット救済支援活動通信>vol11

2011年5月2日 月曜日

 
栃木県小山市からキャンピングカーでいらした大井さん。
ご実家が被災されたそうで、そのお手伝いをしに来た際に、nichidoドッグスクール
(仙台)へたくさんの支援物資を運んできて下さいました。これらの物資は、茨城の
「永田ドッグスクール」の皆さんからの支援物資です。皆様、ありがとうございます!
 
 

城野様、
スタッフへの温かいお便りと差し入れも頂戴いたしましてありがとうございます。
黒木様、ケージやフードボウルを頂戴しましてありがとうございます。


    

ペットケージを送ってくださいました松山様、ご支援ありがとうございます。

そして、たくさんの支援物資を送って下さいました京都動物専門学校の皆様。
震災直後から「何か力になれることはないか」と、本会の活動にご協力下さいました。
教職員の皆様はじめ学生の皆様、そしてモデル犬会員の皆様など。
たいへん多くの皆様からご支援いただきました。本当にありがとうございます。

これまでお寄せいただきました物資も、支援センターを通じて被災したペットたち、
そして飼い主さまの元へ届けさせて頂いております。
 
タイアン武蔵野店様から頂戴したペットシーツは、石巻支援センター「KAI」並びに
仙台支援センター「nichidoドッグスクール」を通じて、被災ペットへお届けしました。
また、犬用おやつは気仙沼支援センター「リトルピピ」を通じてお届けしております。
 
田中様から頂戴した猫砂は、石巻支援センター「KAI」を通じてお届けしております。
同じく犬用おやつは気仙沼支援センター「リトルピピ」を通じてお届けしております。

表様から多数頂戴した犬・猫用おやつは、石巻支援センター「KAI」並びに仙台支援
センター「nichidoドッグスクール」、気仙沼支援センター「リトルピピ」を通じて、被災
ペットへお届けしております。

小笠原様から頂戴したペットシーツ、および京都動物専門学校様から頂戴した犬用
おやつは、いわき市支援センター「B.B WANS」へ早速物資の配布を行いました。

全てをご紹介できず恐縮です!たくさんのご支援、本当にありがとうございます!

 また、一時預かりボランティアへのご登録をいただきましてありがとうございます。
 青木様(神奈川県)、ご協力ありがとうございます。
 田中様(千葉県)、ご協力ありがとうございます。
 北條様(千葉県)、ご協力ありがとうございます。
 柏木様(東京都)、ご協力ありがとうございます。
 
皆様からの温かいご支援・ご協力に心より感謝申し上げます。